【勉強】病院の仕事

#37

2016年06月6日
makoto_magao
 
「さて、次に説明するのは、病院でのお仕事についてだよ」
 
 
前回のドラッグストアでの仕事について説明が終わった後、マコトはすぐに次の話題に入った。
今度は病院だ。
薬局に次いで、薬剤師の就職先に多いとされている。
makoto_magao
 
「薬剤師というお仕事をしている中で、患者さんの役に立ちたいと思っている人は多いはず。
 だから、患者さんが元気になっていく姿を、すぐ近くで見ることができるのが、病院での仕事のメリットと言えるかな」
 
yukito_gimon
 
「確かに、薬局は患者が一番具合悪い時に来て、回復したらもう来ないですもんね。
 薬を飲んで元気になった姿を見ることは、あまりないのかも……」
 
 
言いながら、それは病院でも変わらないんじゃないだろうかと気付いた。
makoto_hohoemi
 
「病院だと、入院している患者さんの体調が良くなって、退院していったりするからね」
 
 
そうか。
病院と言っても、僕が想像していたような診療所ではなくて、入院患者がいるような病院だとそういう経験が出来るのか。
makoto_kao
 
「それに、調剤薬局のお仕事と違うのは、患者さんのカルテを見ることができるってことかな」
 
yukito_muhyojyo
 
「カルテを見ると、どんな良いことがあるんですか?」
 
makoto_kao
 
「患者さんの疾患名や、それまでに行われた投薬の経緯を見ることができるから、どういう薬剤をどういう場面で使ったのか、実務で勉強できるんだよ」
 
 
それがどのくらい良いことなのか分からず、僕が黙ってしまうと、マコトは説明を続けた。
makoto_hohoemi
 
「患者さんを治療するうえで、処方や投薬がどんなふうに役に立っているかの実施経験が積めるのは大きいんだよ。
 医師や看護師と協力できる環境だからこそだね」
 
kotomi_kao
 
「色々な職業の人と働くから、学べることが多いってことですね!」
 
 
コトミが両手を合わせて嬉しそうに笑う。
それを見て、マコトも優しく微笑んだ。
yukito_muhyojyo
 
「それって、薬局では出来ないことなんですか?」
 
makoto_magao
 
「過去の投薬や治療がどんなものだったかは、わからないことが多いかな。
 治療の全体を通して見ることができると、自分の役割を確認できるよ」
 
kotomi_kao
 
「凄い! それなら病院で働くのが一番楽しそうですね!」
 
 
笑顔のコトミとは対照的に、マコトは難しそうな顔をした。
makoto_komatta_egao
 
「それは人によるかな。
 勤務時間については、不規則だと言われているしね。
 当直の夜間勤務や、時間外勤務が多い傾向があるからなんだ。
 その割に、お給料はそこまで高くない」
 
 
「でも」と、マコトは続けた。
makoto_magao
 
「深く医療とかかわることで、視野が広がって、やりがいを感じることはできると思う。
 薬学に関する専門知識をめいっぱい生かせる職場だから、薬剤師として知識も向上するし、成長が見込めるんだよ」
 
 
ということは、薬剤師になるために一生懸命勉強してきた人達にとっては、とても魅力的な職場なんじゃないだろうか。
kotomi_kao
 
「それなのに、どうして薬局よりも働いている人が少ないんですか?」
 
makoto_magao
 
「それは募集人数の差だよ。
 病院は、薬局と比べてあまり人員を募集していないんだ。
 働いている人が少ないから、休みも取りづらいというわけ」
 
yukito_muhyojyo
 
「僕みたいに、休みを優先させる人には向いてないんですね」
 
makoto_bisyou
 
「そうかもしれないね。
 病院に転職したい場合は、自分がその病院でどんな仕事をしたいのか、何を勉強したいのかをはっきりさせておくと良いと思うよ」
 
 
求人が少ない分、競争率が高いということだから、具体的な目標があった方が採用されやすいのだろう。
makoto_magao
 
「それから、病院の業務内容によって、身につけられるスキルも変わって来るから、きちんと調べておくこと。
 自分で調べるのが難しかったり、もっと詳しい内情なんかが知りたかったら、転職支援会社のコンサルタントに質問すれば教えてもらえるよ」
 
kotomi_kao
 
「分かりました!」
 
makoto_bisyou
 
「じゃあ、今日はここまでにしようか。あまり長い時間、受付を留守にもできないしね」
 
 
マコトの言葉に、コトミは大きく頷いて立ち上がった。
僕も仕事に戻るとしよう。
そろそろ、この勉強会の様子は、業務日報の中でも違うカテゴリにまとめた方が良い気がしてきた。